ハーレーのレバーやスイッチ

ハーレーのカスタムパーツ レバーやスイッチ周辺のカテゴリページです。

交換の目的は主に3つあります。ドレスアップ目的や損傷によるもの、そして操作性の改善です。ドレスアップ目的の場合、グリップやミラーと並んで人気です。 やはりオーナ自身が手に直接触れ、そして視界に入りやすい部位なのでカスタム満足度は大きいです。またレバーに手を入れてると全体がピリッと引き締まるしまるのでカスタム完成度の高いマシンになります。操作性で選んでみるのも良いです。最近はアジャスタブルレバー(操作位置をライダーの好みで調整できる)が人気です。適切な位置にレバーが来ることで余計な力が必要なくなりレバーを引く力や感触が変わったりします。これは普段の街乗りからロングツーリングまでとにかくいいことずくめでメリットだらけです。レバー購入のきっかけが不慮の転倒などのトラブルだったとしてもここはじっくりと楽しみながら選んでみることをおすすめします。カスタムパーツブランド・メーカーやそのシリーズから選んでください。

レバー・スイッチ・ハンドル周辺の一覧

該当する商品はないか、ログインが必要です。

レバー 一言メモ

ハーレーのレバーはフロントブレーキやクラッチを操作するなくてはならないパーツです。なのでレバーの操作性は運転のしやすさに直結するといえます。レバーの握りやすさ、太さの好みは個人差があります。市販のものでちょうどピッタリとはなかなかうまくいきません。しかしアジャスタブルタイプのレバーであればダイヤル操作で位置の微調整が可能になります。するといままで重く感じていたり、握りにくく感じていたものが改善されます。レバーの太さについてですが日本車やヨーロッパ車に慣れている方や手の小さい方は細い方がしっくりくることが多いです。しかし重量級のハーレーダビッドソンの場合、純正レバーのような太いレバーのほうが安心感があったり、ワイルドに大胆に操っている感覚に味わいがあることから根強い人気もあります。レバーは単体もしくは左右ペアで販売されていますがマスターシリンダーやブラケットも一体になったパーツもリリースされています。ドレスアップ目的であれがハンドコントロール系のカスタムが一気に可能になるのでおすすめです。