クレジットカードご利用OK 一括払い、リボ払い、分割払い可能です。

カスタムパーツ 部位別カテゴリ

店長コーナー

ボス

2018 ハーレー ソフテールモデルをじっくり観察してみた。

2018の新ソフテールフレームはとにかく剛性を高く、軽量になっているらしいので文句なしです。
この際好きとか嫌いとかを抜きにして合理的に考えるとダイナのスイングアームやツインショックは時代遅れといえばその通りで、ダイナやFXRが好きな私ですらモノショック化はありなのかと思います。なのでダイナモデルとソフテールの統合?は伝統や見た目を考慮しなければ素晴らしいことだと思います。
もちろん旧ダイナフレームのツインショック人気は根強いため、数年すると限定車でリバイバルがあるかもしれませんが・・・FXRが1999と2000くらいにあったみたいに・・・

でダイナ好きの私がダイナ・ソフテールの統合に多少は戸惑いつつも好みのモデルを物色してみました。

基準があって

1 ミッドコン車であること
2 キャストホイール車であること
3 リアホイール 17インチ車であること
4 114CIが選べること

この基準をすべてクリアするモデルは残念ながらありませんでした。

1のミッドコン車はローライダーとストリートボブの2車種があるのですがストリートボブはスポークホイールなので2の時点でローライダーしかないですね。
ローライダーは残念ながらリア16インチだし114ciは選べないのでアウトですね。

残念。まあ2019,2020・・・といずれ行われるモデルチェンジで17インチ化があればいいなーと思います。

物色断念しました。

ソフテールモデルは全8車種となっておりキャストホイール車はブレイクアウト、ファットボーイ、ローライダー、ファットボブの4車種です。残りの4モデルはスポークホイールなので半々でバランスはとれているのかな?

ただキャストホイール車の4車種のうち、3車種がフォアコンなのがどうかと思うんです。ブレイクアウトはフォアコン、ファットボーイはフロアボード(フォアコン)、ローライダーはミッドコン、ファットボブはフォアコン。

ファットボブは絶対ミッドコンのほうが理にかなってると思うんだけどな。
ただファットボブが仮にミッドコンだとしてもリアが18インチの240なので好きなタイヤブランドが選べないという個人的な理由があり、やはり厳しいかな?ヘッドライトはあえて触れません。



あるじゃんのネコ部のブログ



ハーレー純正 中古パーツ 専門店



うちのボス



出生地はここ

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


モバイル

Feed

ハーレー純正パーツのパーツナンバーのメモ書き

ハーレー純正パーツを探す際に一番重要になるのがパーツナンバーです。

パーツナンバーさえしっかりと判明していれば世界中のどこから入手しても間違いなく調達することができます。
純正パーツはパーツリストから探しますが、ディーラーやプロメカニックでも間違う可能性のある難しい作業でもあります。また検索してもヒットしないことがある場合はこの記事をアレンジすることで代替え品を見つけたりすることが出来るかもしれません。

マニュアル・パーツリストを探す

必要なパーツを速く、正確に探し出すのは大変ですが今回の記事が参考になればと思います。

まずはハーレー純正パーツナンバーの基本パターンをいくつか紹介します。

その1 数字3ケタのバージョン 〇〇〇
(例) 375

このパターンのパーツは主に小さなピンやクリップ、シムやスクリューなどの微細なパーツの場合が多く、また最少ロットが決められている部品が多いのが特徴です。あるじゃんのホームページで検索する際に限ってですが、HD365の様にナンバーの前に半角英数大文字で「HD」を付けて検索することにより見つけやすくなります。数字3桁のみで検索すると膨大なパーツがヒットしてしまい探すことが難しくなります。

その2 数字4ケタのバージョン 〇〇〇〇
(例) 2660
このパターンのパーツは主にヘックス、パン、トルクス、スタッド、タップ、キャップ、フランジなど多くのボルト&スクリューやワッシャー・ナットの他にベアリング関連のパーツが多くあります。やはり最少ロットでくくられているものが多くあります。これらのパーツを当ホームページで検索する際にもナンバーの前に「HD」を付けて検索することにより見つけやすくなります。

その3 数字5ケタのバージョン 〇〇〇〇〇
(例) 11158
このパターンのパーツはおもにリテーニングリングやOリング、グロメット、ブッシュなどが多いのが特徴です。

その4 数字5ケタとハイフン(-)と数字2ケタのバージョン 〇〇〇〇〇-〇〇
(例) 17655-05
このパターンはメインのパーツでほとんどがこの配列で管理されています。はじめの5桁はそのパーツの固有の車種や部位を表すことも多いです。ハイフンから下の数字2ケタはそのパーツが初めて管理された年である場合が多いです。もし04という数字であれば2004年にそのパーツが初めて登録され管理されはじめた年という感じです。このパーツを検索する際も注意が必要です。必ず半角英数で入力する必要がありハイフン(-)は足し算引き算の引く(-)マイナスの記号を入力するようにしてください。もし「ホーン」という文字の真ん中の伸ばす横棒(ー)をハイフンに使用した場合ではヒットしません。

その5 数字8ケタのバージョン 〇〇〇〇〇〇〇〇
(例) 61300421
このパターンは2013年ころから使用され始めた新しいパターンです。従来のメインであった数字5ケタとハイフン(-)と数字2ケタが廃止されこのパターンに徐々に切り替わっています。ハイフンを入れなくていいので検索する際は半角英数のみでよいのですが間違いやすいのが欠点です。なので例えば68000075という部品番号を口頭で伝える時は68のゼロが4つと75という風にした方が間違いにくいです。


品番の末尾に付与されたアルファベットの意味

パーツナンバーの末尾にアルファベットのついているものがあります。
これもいくつかのパターンがあります。

末尾アルファベットパターンその1
(例) 9276B, 11117A, 45281-99D, 53000291Aなど
ハーレー純正パーツはアルファベットなしが基本ですが、そのパーツにアップデートがあると以前のパーツと区別するためアルファベットを付与するシステムになっています。一度目のアップデートがあれば「A」が付与されます。その後2度目のアップデートがあれば「B」が付与されます。以下同様にアップデートがある度にC, D, E・・・と続きます。したがって2013年時点でCであったパーツが2015年にはDになっているといったことがあります。また2017年の今現在ではアルファベットなしであったパーツがいつの日かアップデートされることがあるとAが付与されることになるでしょう。個々のアップデートの詳細内容は公表されていないですが、世界のオートバイメーカーの責任の上でより良い改良を日々刻々と重ねるのは使命であると思います。なのでアップデートがあるのは当然の事です。
末尾のアルファベット違いのパーツは互換性があるものという解釈でよいと思われます。
また品番検索でヒットしない場合は末尾のアルファベットを外して検索してみてください。例えば「50500244A」でヒットしなくても「50500244」ならヒットすることがあります。


末尾アルファベットパターンその2
(例) 34635-90T, 38634-76T
この「T」には独特の意味があります。誤解を恐れず大まかに説明すると「T」は台湾製の廉価バージョンを意味します。その昔ハーレー純正オプションパーツには「イーグルアイアン」ブランドという純正パーツの廉価版をリリースしている時代がありました。当時のユーザーは純正パーツカタログの中から通常版か廉価版を選択することが出来ました。例えば38634-76というクラッチケーブルがありますが、同様に38634-76Tというパーツも存在しています。38634-76が通常版で38634-76Tが廉価盤です。価格はおよそ半分程度に抑えられるためオーナーのスタイルや考え方でどちらかを選択していました。その名残が現在も残っており「イーグルアイアン」ブランドやそのロゴマークは見なくなりましたが一部に存在しています。もしパーツを探していて「T」のあるなしの両方のバージョンを見つけた際はこれを参考にしてみてください。
ちなみに「T」付きバージョンもアップデートがあるとTA, TB, TC・・・と続きます。

末尾アルファベットパターンその3
(例) 30734-04K, 14794-01K
この「K」にも独特の意味があります。V-RODのパーツです。V-RODに使用される専用部品は「K」が付与されています。ちなみに「K」付きバージョンもアップデートがあるとKA, KB, KC・・・と続きます。

末尾アルファベットパターンその4
(例) 17054-00Y,17608-00Y
この「Y」にも独特の意味があります。BUELLビューエルのパーツです。BUELLビューエルに使用される専用部品は「Y」が付与されています。ちなみに「Y」付きバージョンもアップデートがあるとYA, YB, YC・・・と続きます。またビューエルにはAからZのアルファベットからはじまるパーツが多くあります。例えば「G0321.02A8」,「N0042.1AK」,「Y1011.1AM」のような感じですがここではこれ以上を触れない事にします。

末尾アルファベットパターンその5
(例) 58830-88DH,50995-04BGO, 47200138BKO
この複雑なアルファベットパターンの場合はカラーリングや仕上げの処理で付与されています。カラーマッチドパーツは形状は同じものでカラーリングのみが異なる場合に区別するために使用されています。
アルファベットが3つくらい付与されている場合はほぼそれです。2つの場合は「DH」が該当します。これ以外にもあるかもしれないです。不明なアルファベットがたくさん付与されている場合はカラーか仕上げ処理の区別の可能性があるので注意してください。

あとがき
純正パーツナンバーはとても便利です。これを利用して社外パーツを探すことにも利用できます。
社外ブランドメーカーは純正パーツをコピーして低価格でリリースしていることがありますが、これを探し出す際に純正パーツナンバーを使用します。以下のページも合わせて読むとよいです。
ハーレーの社外カタログに掲載のあるOEMパーツ、OEM品番のお話です。

ピックアップ商品

配送予定表その1 配送予定表その2 送料表 宅急便コレクト お届け時電子マネー払い オーダーイメージです。ご注文から取り寄せしお届けするまでの流れをご説明します