クレジットカードご利用OK 一括払い、リボ払い、分割払い可能です。

カスタムパーツ 部位別カテゴリ

店長コーナー

ボス

2018 ハーレー ソフテールモデルをじっくり観察してみた。

2018の新ソフテールフレームはとにかく剛性を高く、軽量になっているらしいので文句なしです。
この際好きとか嫌いとかを抜きにして合理的に考えるとダイナのスイングアームやツインショックは時代遅れといえばその通りで、ダイナやFXRが好きな私ですらモノショック化はありなのかと思います。なのでダイナモデルとソフテールの統合?は伝統や見た目を考慮しなければ素晴らしいことだと思います。
もちろん旧ダイナフレームのツインショック人気は根強いため、数年すると限定車でリバイバルがあるかもしれませんが・・・FXRが1999と2000くらいにあったみたいに・・・

でダイナ好きの私がダイナ・ソフテールの統合に多少は戸惑いつつも好みのモデルを物色してみました。

基準があって

1 ミッドコン車であること
2 キャストホイール車であること
3 リアホイール 17インチ車であること
4 114CIが選べること

この基準をすべてクリアするモデルは残念ながらありませんでした。

1のミッドコン車はローライダーとストリートボブの2車種があるのですがストリートボブはスポークホイールなので2の時点でローライダーしかないですね。
ローライダーは残念ながらリア16インチだし114ciは選べないのでアウトですね。

残念。まあ2019,2020・・・といずれ行われるモデルチェンジで17インチ化があればいいなーと思います。

物色断念しました。

ソフテールモデルは全8車種となっておりキャストホイール車はブレイクアウト、ファットボーイ、ローライダー、ファットボブの4車種です。残りの4モデルはスポークホイールなので半々でバランスはとれているのかな?

ただキャストホイール車の4車種のうち、3車種がフォアコンなのがどうかと思うんです。ブレイクアウトはフォアコン、ファットボーイはフロアボード(フォアコン)、ローライダーはミッドコン、ファットボブはフォアコン。

ファットボブは絶対ミッドコンのほうが理にかなってると思うんだけどな。
ただファットボブが仮にミッドコンだとしてもリアが18インチの240なので好きなタイヤブランドが選べないという個人的な理由があり、やはり厳しいかな?ヘッドライトはあえて触れません。



あるじゃんのネコ部のブログ



ハーレー純正 中古パーツ 専門店



うちのボス



出生地はここ

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


モバイル

Feed

KURYAKYN クリアキン

ハーレーのカスタムパーツブランド KURYAKYN クリアキンはアメリカのトップカスタムパーツブランドメーカーです。ハーレーをはじめ日本車、ヨーロッパ車問わず世界中のライダーにオートバイパーツやグッズを供給しています。 基本的なカスタムパーツの素材にスティールやプラスティックを使用していることが多く、これらの素材の加工しやすい特徴を最大限に生かしバリエーション豊富なラインナップと比較的安価な価格設定をうまく両立しています。それゆえに多岐にわたるエンドユーザーのきめ細かなニーズにしっかりと応えることで多大な支持を得ています。スティール素材のネガティブ要素であるサビの発生についても、分厚くて質の高いクロームメッキ処理を行うことでしっかりとフォローしています。クリアキンのクロームメッキはハーレー純正品にも引けを取らないとも言われています。またカスタムビギナー向けのアクセント・ベゼル類などのラインナップも多くあり、両面テープ式で貼るだけの取り付け簡単なカスタムパーツがあるのも魅力です。近年はスティール素材では実現できなかった軽量化や高級感の演出に力を入れ、アルミビレットマシン加工技術を駆使した「バーン- Bahn」シリーズをリリースしています。今後はクリアキン製のアルミビレットパーツも続々リリースされていくでしょう。またパフォーマンスパーツにおいてはエキゾースト部門にクラッシャー CRUSHER PERFORMANCEブランドの立ち上げを発表し、世界中で多くの注目を集めています。

商品一覧

おすすめ順 | 価格順 | 新着順



ハーレー純正中古パーツ専門店

ハーレーパーツ カタログ ダウンロードして最速でお取り寄せしてください

ピックアップ商品

配送予定表その1 配送予定表その2 送料表 宅急便コレクト お届け時電子マネー払い オーダーイメージです。ご注文から取り寄せしお届けするまでの流れをご説明します