ベース車両 2010 XL1200N ナイトスター カスタムイメージ参考例

2010 XL1200N ナイトスターに使用されているパーツ

2010 XL1200N ナイトスターの説明

2015のDRAG SPECIALTIESのファットブックカタログ表紙になった車両。

元の車両は2010年のスポーツスターナイトスター。
この車両は言わずとしれた近年のハーレーにおける大人気車種。
これをベースにしているのだが面影はそれなりに残しつつ、クラシカルでもあり近代的でもある2つの別の要素が合わさった不思議なバイクに仕上がった。
ひとつひとつじっくりとみていくことでこの相反する2つの融合の理由を探ってみよう。
≪特徴≫
ホイールは前後ともに純正と同サイズのスポークホイールだが、ブレーキキャリパーをパフォーマンスマシンへ、そしてブレーキローターをDPへと変更することで足元のアクセントを効かせている。特にフロント側はスプリンガーモデルや旧車のようにフォーク前方にキャリパーをマウントすることでクラシカルな雰囲気をかもしだしている。
取り付け方法でカスタムを楽しむ一つのお手本。
クラシカルなパーツといえばスプリングシートに目が惹かれる。多少の工夫や加工、調整などが必要で誰にでもできる簡単なカスタムではないかもしれないが、この手のバイクが好きなマニアにおいては一度チャレンジしてみたいカスタム。

そしてこの車両は旧車を単に意識しただけのものではない。

今や押しも押されぬアルミビレットパーツブランド「ローランドサンズ」のパーツがうまくチョイスされており絶妙に車両に溶け込んでいる。
ローランドサンズのパーツ自体にも備わっている、新しくもありトラッカー風なイメージも盛り込まれたパーツなのでこの車両にはもってこいのパーツだ。

この車両自体のコンセプトとローランドサンズのコンセプトの一部がどこかで重なっていたのかもしれない。それくらい車両になじんでいる。

マフラーはドラッグ社のブランド「パイソン」。とても人気のパイソンシリーズマフラーはバンス社による製作なので信頼のもの。

カスタム車両イメージリンク

Category

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Shop Manager
ボス
この夏にリリースされるであろう2020年モデルをイメージしてみました。
おそらくフルモデルチェンジはないと思いますがニューモデルの投入はいくつかあるかもですね。例えばFXBRS〇〇とか。

あとどのモデルもマイナーチェンジはありそうです。特にソフテイルモデルは3年目になりますが昨年?今年?もプライマリーが薄型に変わったように、ブランニューからまだ日の浅いモデルはなかなか落ち着かないのが定例です。
カスタムとかする時には細かいマイナーチェンジも把握しておかないといけないので初期モデルは割と注意が必要だったりします。

とはいえ今一番面白いハーレーはやっぱりM8ソフテイルですね。これからどんな足跡を残すモデルなのか楽しみです。
クレジットカードご利用OK 一括払い、リボ払い、分割払い可能です。

各種クレジットカードがご利用になれます。リボ払いや分割払いも可能です。

Amazon Payがご利用いただけます。

Amazon Payをご利用いただくと、すでにAmazonアカウントに登録されているお支払い情報や配送先を利用してスピーディにお買い物ができます。

楽天ペイ

いつもの楽天IDとパスワードを使ってスムーズなお支払いが可能です。楽天ポイントが貯まる・使える!「簡単」「あんしん」「お得」な楽天ペイをご利用ください。

Mobile Shop
QR
フェイスブック ツイッター