ベース車両 2013 FLSTFB ファットボーイロー カスタムイメージ参考例

2013 FLSTFB ファットボーイロー に使用されているパーツ

2013 FLSTFB ファットボーイローの説明

大人気車種ファットボーイローのカスタム例だ。
エボリューション時代から多くのユーザーに支持され続けているファットボーイ。
現在はファットボーイローとしてリリースされオールブラックでマットな仕上がりと低いスタイルで更なる大ヒットのモデル。

この2013 FLSTFB ファットボーイローのカスタムコンセプトは、元の車両の持つ雰囲気はそのままに更にインパクトと高級感を盛り込んだ「モア! ファットボーイロー!」です。
ホイールは前後18インチのPM新作スープラSUPRAのクロームホイールをチョイス。純正はディッシュホイールのブラックだがあえてクロームを用い、ブレーキローターを同デザインのコントラストカットにすることでインナーローターのブラックをアクセントにする程度にとどめている。
結果的にイメージは損なうことなくメリハリの効いたファットボーイローに仕上がっている。

フロントブレーキキャリパーはパフォーマンスマシン製のビンテージシリーズキャリパーのブラックにすることで統一感が生まれ主張しすぎないのがよい。
フォークブーツをバティスティニの穴あきデザインのブラックを使用し、ロワーフォークレッグスライダーもブラックになっているのでこの引き締まる感じが出ていると思われる。
リアキャリパーはアレンネスのハウジングキットを選択しているので純正のキャリパーだが見た目は大きくドレスアップされている。クロームのアクスルキャップなどでワンポイントを入れるのを忘れないところが粋だ。

ハンドルは新進気鋭のトラスクパフォーマンス製のV-LINE で6インチ程度のライズしかない低めのポジションでローを演出。
グリップはバティスティニのワイヤーシリーズでミラーはポールヤフィーのダブルトラブルのどちらもブラックで揃えている。

このマシンに迫力とインパクトを大きく与える要素としてバッサニのフルエキゾーストが大注目だ。
荒々しいパフォーマンスエキゾーストブランドのバッサニ製のロードレイジシリーズで、その中でもハイパワーエンドモデルであるB1マフラーを奢っていることでツインカムエンジンの持つポテンシャルを余すことなく引き出している。
エンジン回りのドレスアップビレットパーツはコビントンでカムカバーはスムースをそしてダービーカバーはディンプルのアクセントがはいったものを使用している。エアクリーナーはパフォーマンスマシンの新作 AIRシリーズを横向きのマウントで取り付けしている。

フロアボードやフットペグにはバガーカスタムでおなじみのポールヤフィーのWEDGYシリーズで揃え、シフター付近のパーツはアレンネス製やアキュトロニクス製で構成されているので、バラバラになりそうな選択だが違和感はまるでなくシックな調和を見せている。

このファットボーイを超える「モア!モア!ファットボーイロー」を検討する際の参考にしてもらいたい。

カスタム車両イメージリンク

Category

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Shop Manager
ボス
この夏にリリースされるであろう2020年モデルをイメージしてみました。
おそらくフルモデルチェンジはないと思いますがニューモデルの投入はいくつかあるかもですね。例えばFXBRS〇〇とか。

あとどのモデルもマイナーチェンジはありそうです。特にソフテイルモデルは3年目になりますが昨年?今年?もプライマリーが薄型に変わったように、ブランニューからまだ日の浅いモデルはなかなか落ち着かないのが定例です。
カスタムとかする時には細かいマイナーチェンジも把握しておかないといけないので初期モデルは割と注意が必要だったりします。

とはいえ今一番面白いハーレーはやっぱりM8ソフテイルですね。これからどんな足跡を残すモデルなのか楽しみです。
クレジットカードご利用OK 一括払い、リボ払い、分割払い可能です。

各種クレジットカードがご利用になれます。リボ払いや分割払いも可能です。

Amazon Payがご利用いただけます。

Amazon Payをご利用いただくと、すでにAmazonアカウントに登録されているお支払い情報や配送先を利用してスピーディにお買い物ができます。

楽天ペイ

いつもの楽天IDとパスワードを使ってスムーズなお支払いが可能です。楽天ポイントが貯まる・使える!「簡単」「あんしん」「お得」な楽天ペイをご利用ください。

Mobile Shop
QR
フェイスブック ツイッター