1. ホーム
  2.  > シート本体

シート本体

ハーレーのカスタムパーツ シートのカテゴリです。

シートの交換の3大要素は見た目、乗り心地、ポジションだと思います。見た目は色や形状、ステッチ装飾などの好みなのでわかりやすいです。しかし乗り心地は写真を見ただけではわかりません。一般的にアメリカのカスタムシートは硬めの傾向にあります。体格が大柄な人が多いからかもしれませんが、ロングツーリングをよく行うライダーからは柔らかいシートだと逆に疲れたり、痛くなったりするとも言われます。またオートバイをコントロールするのにある程度しっかりしていないと落ち着かないこともあります。ポジションについては足つき感(薄さ&細さによって)が改善されたりします。また座る位置を前後にずらしてあるシート(アップフロントやダディーシートなど)を選ぶことで窮屈感や遠くて不安な感じをなくすことができます。シートを選ぶ際にはシーシーバーやバックレストも検討してみるとよいです。シーシーバーは2人乗りの際やツーリングの際にシート本体との組み合わせにより実用性が格段にアップしたり、また見た目のカスタムにも一役買ってくれます。

シート本体のメーカー・ブランド一覧

シート 一言メモ

シートの交換は簡単です。基本的にはボルトで止まっているだけなのですぐに取り外して交換することができます。しかもボルトはリアフェンダーの部分にある1本のみです!エボのソフテールなどは両サイドに2本使用するものもあるので計3本ですがそれでも簡単ですね。少し前はラペラ一辺倒でしたが近年はマスタング、サドルメン、ダニーグレーといったブランドが人気のようです。カラーはブラックでステッチのないプレーンなものがどんなカスタムにもなじみやすいです。ただステッチはあるとないでは想像以上にインパクトが高いので好みにバッチリはまれば大変満足度が高くなります。ステッチはシートを選ぶ際のポイントにしてもよいです。ステッチひとつで上品になったり、大人っぽく色気がでたりして個性が光ります。表面の素材は本革レザーもよいですが型崩れや全天候で気兼ねなく使用でき、かつ耐久性のあるビニール(合皮)が主流です。本革レザーのシートでもほとんどのシートでサイド部分だけは型崩れと耐久性を考慮してビニール(合皮)が使用されていますからね。2人乗りを重要視する場合は商品名や説明に「2UP」と記載があるのもが良いです。これらのシートは通常の2人乗りシートよりもパッセンジャー部分が幅広くしっかりとしています。なので後部座席に荷物をくくる際も安定性があります。

ハーレーパーツあるじゃんがおススメする厳選パーツ&新作

2018年モデルでデビューしたミルウォーキーエイトエンジンをニューフレームに搭載し、ブランニューモデルになったソフテールのカスタムパーツもいよいよ本格的にリリースされ始めました。ただ意外に思われるかもしれませんがまずはグリップとミラーからがおススメです。ミラーは過去のモデルのものがそのまま使用できるので膨大なバリエーションから選べます。またグリップも電子スロットル車用がそのまま使用できます。取り付けも簡単で、新車にダメージを与えにくいですものね。

Category

  • ミルウォーキーエイトのツーリングモデル
  • ミルウォーキーエイトのソフテールモデル
  • ツインカムとエボリューションのツーリングモデル
  • ツインカムとエボリューションのソフテールモデル
  • ツインカムとエボリューションのダイナモデル
  • スポーツスターモデル
  • V-RODモデル
  • XG ストリートモデル
Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Shop Manager
ボス
成人式が各地で行われる時期ですね。20年という月日が長いのか短いのかがわからない今日この頃です。20年前といえばハーレーダビッドソンがダイナとツーリングモデルにツインカムエンジンを初めて搭載した年です。発表当初は鼓動感があるとかないとか、ハーレーらしくないとかといった意見もありましたが私は興味深々でした。だってEVOは排気量が80Ciでしたがニューエンジンはいきなり88Ciでしたからね。しかもボアアップキットも一緒にリリースされていてシリンダーとピストンを交換するだけで95Ciになるという画期的なバイクでした。今思うとたいしたことないと感じられるかもしれませんが・・・ただいえるのはこの頃から現在のビッグボアブームが始まり進化していったということ。ブームといえばダーク&ブラックカスタムもこのころからではないでしょうか?新車のプライマリーやカムカバーにリンクルブラックが採用されたり、XL1200Sに至ってはマフラーやハンドルまでブラックでまとめられていました。またアメリカの黒人たちの間ではド派手な塗装や大音量オーディオのバガーカスタムが広がっていったのもこのころではないかと記憶しています。2019年の現在ではメーカーから新車のリリースがされた時点でこれらのカスタムはすでにされているものがほとんどです。電動ハーレーダビッドソン ライブワイヤーのニュースを読みながら20年の月日を振り返ってみました。
クレジットカードご利用OK 一括払い、リボ払い、分割払い可能です。

各種クレジットカードがご利用になれます。リボ払いや分割払いも可能です。

Amazon Payがご利用いただけます。

Amazon Payをご利用いただくと、すでにAmazonアカウントに登録されているお支払い情報や配送先を利用してスピーディにお買い物ができます。

楽天ペイ

いつもの楽天IDとパスワードを使ってスムーズなお支払いが可能です。楽天ポイントが貯まる・使える!「簡単」「あんしん」「お得」な楽天ペイをご利用ください。

Mobile Shop
QR